お手入れの豆知識

基本的なたたみ方

お店のようにシャツをたたむのは、なかなか難しいかもしれませんが、お気に入りのシャツを美しく収納し、最小限の折シワで気持ちよく着られるように、ぜひ基本的なたたみ方をマスターしてください。

  • サンプル
    ボタンを留めて背を上にして広げたら、ヨークのタックを目印に左側の身頃を折りたたみます。
    ※ボタンはすべて留めた方がキレイにたためますが、第一ボタンからひとつおきくらいでも大丈夫です。
  • サンプル
    袖山をで折った身頃の端に合わせるように、袖の付け根から折り返します。
  • サンプル
    右側の身頃も、と同様に、ヨークのタックを目印にして折りたたみます。
  • サンプル
    右側の袖も、と同様に、折った身頃の端に合わせるように折り返します。
  • サンプル
    身頃の両端が平行になっているか、中心線から左右対称の幅になっているかを確認したら、カフスの付け根を目印に裾を折り返し、さらに半分くらいの位置で衿側に向けて折りたたみます。
  • サンプル
    表に返したら、完了!
    収納するときは、衿がつぶれるのを防ぐため、他のシャツと衿同士を重ねないようにしましょう。

ページトップへ

繊維製品の取り扱い絵表示

シャツを含め衣類には、JIS規格で定められた「取り扱い絵表示」のタグがついています。
洗濯をするときや、アイロンをかけるとき、干すときの注意点を示すものなので、取り扱いに悩んだときや絵の意味が分からないときは、下の一覧をチェックしてみてください。

洗い方(水洗い)

液温は、95℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができます。 液温は、60℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができます。 液温は、40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができます。
液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよいです。 液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよいです。 液温は、30℃を限度とし、弱い手洗いがよいです。(洗濯機は使用できません)
水洗いはできません。

塩素漂白の可否

塩素系漂白剤による漂白ができます。 塩素系漂白剤による漂白ができません。

アイロンの掛け方

アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃から210℃まで)で掛けるのがよいです。 アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃から160℃まで)で掛けるのがよいです。 アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃から120℃まで)で掛けるのがよいです。
アイロン掛けはできません。

ドライクリーニング

ドライクリーニングができます。溶剤は、パークロルエチレンまたは石油系のものを使用します。 ドライクリーニングができます。溶剤は、石油系のものを使用します。 ドライクリーニングはできません。

絞り方

手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は、短時間で絞るのがよいです。 絞ってはいけません。

干し方

つり干しがよいです。 日陰のつり干しがよいです。 平干しがよいです。
日陰の平干しがよいです。

付記の仕方

材質によって中性洗剤を使った方がよいです。 材質の関係上あて布をした方がよいです。 洗濯の際ネットを使用した方がよいです。

ページトップへ

  • ONLINE SHOP
    公式通販サイト
    楽天市場
    BRICK HOUSE by TOKYO SHIRTS  Amazon.co.jp
    Yahoo!ショッピング
  • MAIN BRAND
    BRICK HOUSE by Tokyo Shirts
  • NEW BRAND
    PittaRe

東京シャツグループ

  • 東京シャツ工業株式会社

スマートフォン版サイト